ニキビはできる場所によって原因が違う?

ニキビというと、顔の肌のトラブルとしてばかり考えられがちですが、ニキビは顔だけではなく、背中や胸、首などのゾーンにも起こるトラブルです。また、同じように顔にできるニキビでも、どこにできるかによって原因が違ってくる場合もあります。

ニキビができる場所、できない場所

ニキビは毛穴に皮脂がつまり、炎症を起こすことで起こるトラブルです。おでこ、鼻、頬、顎、そして首など、皮脂線の多いベタつきがちなパーツにできやすく、目の周りや口の周りなど、乾燥しやすい皮脂線が少ない部分にニキビができることはありません。

体の中でも背中や胸にニキビができやすいのは、他のパーツに比べて皮脂線が多いことが原因となっているのです。

顔と体、それぞれにあったニキビケアを

一般的に顔の肌は体の肌よりもデリケートです。顔と体、それぞれにあったニキビケアをするように心がけましょう。また顔の中でもおでこにできるニキビと口のまわりにできるニキビ、頬にできるニキビはその原因が違っています。

このサイトでは顔や体、ニキビができるパーツごとの原因とニキビケアの仕方について考えてみたいと思います。ニキビケアは肌を清潔に保つ事ももちろん重要ですが、闇雲に洗顔などをしても逆効果の場合も少なくありません。まずはしっかりと自分のニキビの状態を確認する事が出来れば、ニキビ専門サイトでもニキビを治す方法や、ニキビに関する基礎知識を調べる事ができるようになり、自分に合ったニキビケアを見つける事が出来ます。

自分に合った的確なニキビケアで、無理なく綺麗にニキビを治しましょう。