跡を残さないようにしたい、頬のニキビ

頬にできるニキビについて考えてみましょう。頬は顔の中でも面積が広いパーツです。目立つ部分でもあるため、適切なニキビケアをして跡を残さないようにしたいもの。爪でつぶしたりすると、ニキビ跡がクレーター状になってしまうこともあるので注意しましょう。

頬にできるニキビの原因

頬のニキビの原因は脂肪分や糖分の多い食事、便秘などが考えられます。脂っこいものをよく食べるという人は少し量を減らして、果物や野菜、海藻など加熱されていないものを食べるようにしましょう。

バランスの取れた食事ができず、なかなか頬のニキビが治らないという人はサプリメントで栄養を補うのもオススメです。

また頬のニキビは乾燥による過剰な皮脂の分泌が原因していることもあります。ニキビ肌用の洗顔料でやさしく洗ったあとは、化粧水でたっぷり水分を補うようにしましょう。

ニキビケアと同時に、跡を残さないケアを

頬はニキビ跡が残りやすいパーツです。ニキビ跡がクレーター状になってしまったり、色素沈着を起こしてしまうこともあるかもしれません。ニキビ全般に言えることですが、絶対にニキビをつぶさないことが大切です。

赤みのあるニキビが繰り返しできるようなら、まずは皮膚科を診察を受けましょう。

ニキビ跡が気になる人は刺激の少ない美白美容液を使うのもオススメです。ビタミンC誘導体が配合されているニキビ肌用の化粧品を選ぶとよいでしょう。